睡眠のすべて > 早起きのコツ > 早起きの秘訣と早寝の誤解

早起きの秘訣と早寝の誤解

早起きのコツでは早起きの秘訣についても色々とご紹介しました。昔、遅く寝て遅く起きるという生活だった私が何故早起きできなかったかについても少しご紹介しています。

早起きの秘訣は究極のところ、早く寝ることにあるわけですが、単純に早寝ができる人は非常に少ないはずです。その理由をこれから説明します。

早寝が出来ない理由と早起きの秘訣

早寝早起きという位ですから、早寝が大切なのは誰もが頭では理解しているのかも知れません。それで早く起きたいと思った時には、とりあえずいつもよりも何時間も早く布団に入ろうとします。

でも眠れない。何度試しても早起きは出来ません。何故なら、早く布団にはいったものの、何時間も眠れないでいるからです。睡眠とは面白いもので、自分の意思でコントロールできるものではないのです。

それにいつもの時間よりも早寝をしようとしても上手くいかないのには理由があります。実はいつもの就寝時間の1から2時間前が一番眠り難い時間帯なのです。つまり、いつもよりも早く寝ようとすること自体、非常に無理があるわけですね。

じゃあ、どうやったら早く眠れるようになるのでしょうか?それには、無理をしてでも最初は早起きをすることです。毎回無理をして早起きしても意味はありませんが、早起きの最初のステップはまずいつもよりも早く起きることです。

人が眠りにつける時間帯というのは朝起き上がって光を浴びて体内時計がリセットされる時間に深く関係しているわけです。