睡眠のすべて > 早起きのコツ > 早起きの究極のコツとは

早起きの究極のコツとは

早起きのコツって何ですか?そう聞かれたとき、早起きが習慣になっている人は恐らく、「早く寝ることだ」と答えるでしょう。

でも、早起きができない人なら、早く寝れないのが当たり前になっているのです。だから夜遅くまでおきている。早く寝たいけれど寝れない・・・少なくともそう思ってしまっているわけです。

そう、昔の私のように。

早起きのコツが分からなかった頃

以前の私は、実は朝が苦手でした。「そんな!信じられない」という方はこのサイトをよく読んでくださっている方です。でも本当です。私は「夜に仕事をして成功する人もいる。」などといって、早起きできない自分を必死に正当化しようとしていたのですから。

しかし、ある時、やはり自分でも早起きができるのではないかと思うようになりました。遅くまで寝ていたり、朝が苦手な自分が嫌になったのです。そこで必死に早起きのコツを探しました。

その時、私が考えていたのが「どうやったら早く起きれるのか?」ということです。起きるということを中心に考えていました。そして、色々と実践しました。意思の力でどうにかしようともしました。

でも続きませんでした。

その理由は早起きのコツは「起きること」自体にはないからです。

早起きのコツがわかった

早起きのコツは最初に書いたとおり、早く寝ることだったのです。いや、つまり早く起きれない理由は睡眠不足だったのです。十分な睡眠がとれていないから早く起きれない。

だから、早起きをするためには早く寝るために必要なことをこなしてゆくことです。早く寝るために必要なことは残念ながら1つだけではありません。1つだけこなしていっても早くは寝れません。

大切なのは必要なことの組み合わせです。

これだけ聞くと何か難しいことのように聞こえるかも知れませんが、そんなことはありません。この朝が世界一苦手だった(少なくとも私はそう思っていた)私でもできたのですから、あなたもできるはずです。

「早起きのコツ」ではその必要なことについて1つ1つご紹介してゆきます。あなたはそれを1つ1つクリアしてゆけばいいのです。難しいことは何もありません。さぁ、読み進めて下さい。