睡眠のすべて > 早起きのコツ > 睡眠は体内時計によってコントロールされている

睡眠は体内時計によってコントロールされている

睡眠について色々と学んでゆく上で体内時計の存在は外せません。何故なら、私達の体内時計は睡眠をコントロールしているからです。

それだけ睡眠に大きな影響を与える体内時計ですが、実は体内時計は24時間ではないと言われているんです。体内時計は25時間であると考えられています。

だから、そういった意味でも私達の毎日のリズムは後ろに遅らせる方が早めるよりも簡単と言われています。

体内時計の特徴を知る

しかし、そんな25時間の体内時計に生活をあわせるわけには行きませんね?だって、毎日は24時間で動いているわけですから。

少しずつ寝る時間や起きる時間が遅れていったら大変です。

でも大丈夫。体内時計は毎日リセットされているからです。そう、朝の光を浴びることで体内時計はリセットされ、朝だと認識します。しかし、朝カーテンを閉めたままだったり、遅くまで寝ていて光を浴びていないと、体内時計は大きく遅れてしまい、当然のように寝る時間も遅くなります。