睡眠のすべて > 不眠の原因 > 禁煙すると不眠になる?ならない?の真実

禁煙すると不眠になる?ならない?の真実

禁煙してから不眠が解消されたという人はタバコの真実が分かっている人、禁煙して不眠症になったという人はまだタバコに騙されています。

一体どういうことなのか?それをこれからご説明します。

禁煙すれば不眠症も解消される

タバコには覚醒作用があります。だから、眠たい時にタバコを吸って眠気をさまそう・・・としたことはありませんか?まだ私がタバコを吸っていた頃はそうしていました。タバコはなんて便利なんだろう・・・と。そう、私も騙されていたわけです。

何故騙されていたのかというと、タバコを吸う人は質の良い睡眠を得ることができません。以前に喫煙者と非喫煙者がどれだけ眠れたのか?熟睡できたか?といったことを調査した研究結果が発表されています。

その結果は喫煙者になると非喫煙者に比べて4倍から5倍、ぐっすり眠れないという結果になっているのです。特に喫煙者の場合は睡眠初期に深い眠りが邪魔されやすく、ぐっすり眠れないのです。

つまり日中眠い理由はタバコが作り出したものであり、それをタバコを吸って解消しようとしていたわけです。しかも、発癌性のある煙を肺に入れるというリスクまでおかして・・・です。それで得られたものはタバコが作り出した眠気をタバコで解消することだったとは、昔の私には想像も出来なかったわけです。