睡眠のすべて > 睡眠時無呼吸症候群 > 睡眠時無呼吸症候群の検査について

睡眠時無呼吸症候群の検査について

睡眠時無呼吸症候群の検査といっても様々な方法があります。病院によっては簡易検査を行っているところもあるようですが、今回は終夜睡眠ポリグラフ検査について少し詳しく見てみましょう。

終夜睡眠ポリグラフ検査とは

終夜睡眠ポリグラフ検査は睡眠時無呼吸症候群の検査方法の1つです。この検査は呼吸の状態だけを調べる検査ではありません。それと同時に睡眠の状態までも調べることができます。

呼吸に関しては口・鼻からの流れやいびきなど呼吸の乱れなどを調査し、睡眠に関してはその状態や睡眠の種類(ステージ)なども調査します。

この睡眠時無呼吸症候群を調査する終夜睡眠ポリグラフ検査は痛みはありませんので、睡眠時無呼吸症候群の症状に思い当たる点が少しでもあれば病院に問い合わせてみてください。

検査は一泊の入院が必要ですが、放っておくと様々な病気との合併症のリスクが高まります。早め早めの行動が大切です。