睡眠のすべて > 症状 > うつ病と不眠の関連性について

うつ病と不眠の関連性について

うつ病の原因の1つは不眠ではないか・・・最近では不眠による睡眠不足がうつ病に何かしらの影響を与えているのではないかと考えられています。

睡眠不足が与える影響についてもう少し詳しく見てみましょう。

うつ病の原因?

うつ病の原因は不眠と決まっているわけではありません。勿論、ほかにも様々な要因はあります。しかし、睡眠不足が慢性化するとうつ病になりやすくなると言われています。

さらに、こんな報告もあります。若い頃に不眠症だった人は将来的にうつ病にかかりやすくなる・・・という調査結果です。不眠は改善することが可能です。早い段階で不眠を解消することが大切です。

中には仕事柄、睡眠不足になりやすい人もいます。例えば夜間勤務の人などです。人は太陽の光を見て朝だと感じ、暗くなると眠くなる性質があります。しかし、この逆の生活をしているとどうしても寝不足になってしまうこともあるでしょう。

そんなときでも解決策はあります。これについては後ほどご紹介します。