睡眠のすべて > 対策 > 夜寝れない理由とカフェインの意外な効果

夜寝れない理由とカフェインの意外な効果

コーヒーや紅茶、緑茶などが好きな人は沢山いると思います。コーヒーなどにはご存知のようにカフェインが入っています。カフェインは覚醒作用がありますから、眠たい時などにはその効果を発揮します。

しかし、寝る前に飲んでしまえば覚醒効果のせいで眠れません。だから、不眠で悩んでいる人などはカフェインなどには注意していることでしょう。

でもそれでも夜寝れないこともあります。その理由はカフェインだったりします。

カフェインの効果

カフェインの効果ってどの位持続すると思いますか?

人によっても違いますが、実は4時間から5時間も持続するのです。だから、随分前に飲んだだけなのに眠れない・・・ということもありますね。

そのため、夕食後はカフェインを含む飲料は避けたほうがよいでしょう。コーヒー以外にも、カフェインを含むココア、ウーロン茶、etcなども避けます。

また、コーヒーが好きで好きで沢山飲んでしまうという人も注意が必要。いくら朝だとしても飲みすぎてしまうとその効果が持続してしまい、眠れなくなることもあります。コーヒーなどはできれば5杯未満にしておきたいところです。

また、栄養ドリンクなどにもカフェインが入っている場合がありますので注意して下さい。疲れをとったつもりが、単純に眠気を覚ましていただけ・・・なんてこともあります。