睡眠のすべて > 女性と不眠症 > ダイエットが睡眠不足で失敗する理由とは

ダイエットが睡眠不足で失敗する理由とは

ダイエットに失敗してしまう理由の1つが睡眠不足です。でも何故?睡眠不足だと何でダイエットが上手くいかないのでしょうか?

どうもこの2つはつながらないような気がするとあなたは思うかも知れません。しかし、実際には深い関係がそこにはあります。

睡眠不足だと食べてしまう?

睡眠不足が肥満の原因となることは最近様々な研究で分かってきました。アメリカで行われた調査によると、睡眠時間が少ないと十分な睡眠がとれている人に比べて肥満になる確率が70%も高くなるといった結果も出ています。

しかし、睡眠不足だと何故肥満になるのか?それは睡眠不足が慢性化してくることによって食欲を抑える働きがあるホルモン、レプチンの分泌が低下するため・・・と考えられています。

寝不足の人は恐らく、遅く寝ることが習慣になっているはずです。早寝をしている人で寝不足の人は少ないはずです。

遅くまで起きていたり、夕食を午後10時以降に食べたりすると太りやすくなります。その理由は脂肪を体にためる働きがあるBMAL1というたんぱく質が午後10時以降に増加するからと考えられています。