睡眠のすべて > 女性と不眠症 > 生理前の不眠や過眠

生理前の不眠や過眠

生理前になると不眠の症状を訴える人もいます。また、その逆に眠気が強くなって日中苦労する・・・という人も。この症状は生理前だけでなく、生理中でも同じです。

これらは何か問題がある証拠でしょうか?

生理前の不眠は生理現象

生理前や生理の最中に不眠になったり、逆に日中に眠気を感じるようになる原因は女性ホルモンの働きによるものと考えられています。つまり生理的な現象であって、何か特別な状況ではありません。

生理になると睡眠に何かしらの変化があるという女性は4割程度いると考えられています。その内訳をみると、大半が眠くなる・・・という症状ですが、中には不眠を訴える女性もいます。

大切なのは生理前や生理中の不眠や眠気を深刻に考えないことです。 しかし、それでもやはり気になるようであれば、規則正しい生活のリズムを心がけるようにすると良いと思います。

朝は意識して太陽の光を浴びるようにしましょう。できれば朝10分から20分程度の散歩も夜気持ちよく眠るためには効果的です。